宅建士試験過去問 法令上の制限 その他の法令 2-45 平成26年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1、国土利用計画法によれば、同法第23条の届出に当たっては、土地売買等の対価の額についても都道府県知事に届け出なければならない。
2、森林法によれば、保安林において、立木を伐採しようとする者は、一定の場合を除き、都道府県知事の許可を受けなければならない。
3、海岸法によれば、海岸保全区域内において、土地の掘削、盛土又は切土を行おうとする者は、一定の場合を除き、海岸管理者の許可を受けなければならない。
4、都市緑地法によれば、特別緑地保全地区内において、建築物の新築、改築又は増築を行おうとする者は、一定の場合を除き、公園管理者の許可を受けなければならない。

美里「どれが間違いかわかる?」
建太郎「むむっ……。どれも正しいように見えるけど」
美里「条文をしっかり読み込んでいれば、おかしな用語に気づくはずだよ」

“宅建士試験過去問 法令上の制限 その他の法令 2-45 平成26年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう” の続きを読む

宅建士試験過去問 法令上の制限 その他の法令 2-44 平成25年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

次の記述のうち、正しいものはどれか。

1、地すべり等防止法によれば、地すべり防止区域において、地表水を放流し、または停滞させる行為をしようとする者は、一定の場合を除き、市町村長の許可を受けなければならない。
2、国土利用計画法によれば、甲県が所有する都市計画区域内の7000平方メートルの土地を甲県から買い受けた者は、事後届出を行う必要はない。
3、土壌汚染対策法によれば、形質変更時要届出区域内において、土地の形質の変更をしようとする者は、非常災害のために必要な応急措置として、行う行為でも、都道府県知事に届出なければならない。
4、河川法によれば、河川区域内の土地において、工作物を新築し、改築し、又は除却しようとする者は、河川管理者と協議しなければならない。

建太郎「はあ……。その他の細々とした法律の話だな」
美里「そうだよ。だけどこの問題は、答えがすぐにわかるよね」
建太郎「んっ……。あっ、そうだな」

“宅建士試験過去問 法令上の制限 その他の法令 2-44 平成25年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう” の続きを読む

宅建士試験過去問 法令上の制限 農地法 2-43 平成28年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

農地に関する次の記述のうち、農地法の規定によれば、正しいものはどれか。

1、相続により農地を取得する場合は、法第三条1項の許可を要しないが、相続人に該当しない者に対する特定贈与により農地を取得する場合も、同項の許可を受ける必要はない。
2、法第二条3項の農地所有適格法人の要件を満たしていない株式会社は、耕作目的で農地を借り入れることはできない。
3、法第三条1項又は法第五条1項の許可が必要な農地の売買について、これらの許可を受けずに、売買契約を締結しても、所有権移転の効力は生じない。
4、農業者が市街化調整区域の耕作をしておらず、遊休化している自己の農地を住宅用地に転用する場合、あらかじめ農業委員会への届出をすれば、法第四条1項の許可を受ける必要はない。

美里「これも簡単だね」
建太郎「むむっ……。よくわからない選択肢もあるけど」
美里「でも、基本を押さえていれば、答え自体は見つけられるでしょ」
建太郎「うーん。なんとか……」

“宅建士試験過去問 法令上の制限 農地法 2-43 平成28年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう” の続きを読む

宅建士試験過去問 法令上の制限 農地法 2-42 平成27年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

農地法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1、市街化区域内の農地を耕作目的で取得する場合には、あらかじめ、農業委員会に届け出れば、法第三条1項の許可を受ける必要はない。
2、農業者が、自己所有の市街化区域外の農地に、賃貸住宅を建設するため、転用する場合は、法第四条1項の許可を受ける必要はない。
3、農業者が、自己所有の市街化区域外の農地に、自己の居住用の住宅を建設するため、転用する場合は、法第四条1項の許可を受ける必要はない。
4、農業者が住宅の改築に必要な資金を銀行から借りるため、市街化区域外の農地に抵当権の設定が行われ、その後、返済が滞ったため、当該抵当権に基づき競売が行われ、第三者が農地を取得する場合であっても、法第三条1項又は法第五条1項の許可を受ける必要がある。

美里「これも簡単だよね」
建太郎「んっそうか?ちょっとややこしい問題だな……」
美里「知識があいまいだったら、これを機に整理しておいてよね」

“宅建士試験過去問 法令上の制限 農地法 2-42 平成27年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう” の続きを読む

宅建士試験過去問 法令上の制限 農地法 2-41 平成26年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

農地法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1、農地について、法第三条1項の許可があったときは、所有権が移転する旨の停止条件付売買契約を締結し、それを登記原因とする所有権移転の仮登記を申請する場合には、その買受人は農業委員会に届出をしなければならない。
2、市街化区域内の農地について、耕作の目的に供するために競売により所有権を取得しようとする場合には、その買受人は、法第三条1項の許可を受ける必要はない。
3、農業者が自宅の改修に必要な資金を銀行から借りるために、自己所有の農地に抵当権を設定する場合には、法第三条1項の許可を受ける必要はない。
4、山林を開墾し、現に農地として耕作している土地であっても、土地登記簿上の地目が山林であれば、法の適用を受ける農地とはならない。

建太郎「むむっ……。これはちょっと難しくないか?」
美里「そう思う?」
建太郎「よくわからない選択肢もあるし」
美里「でも、消去法で答えは出せるはずだよ」

“宅建士試験過去問 法令上の制限 農地法 2-41 平成26年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう” の続きを読む

宅建士試験過去問 法令上の制限 農地法 2-40 平成25年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

農地法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1、農地の賃貸借について、法第三条1項の許可を受けて、農地の引き渡しを受けても、土地登記簿に登記しなかった場合、その後、その農地について、所有権を取得した第三者に対抗することができない。
2、雑種地を開墾し、現に畑として耕作されている土地でも、土地登記簿上の地目が雑種地である限り、法の適用を受ける農地に当たらない。
3、国又は都道府県が市街化調整区域内の農地(一ヘクタール)を取得して学校を建設する場合、都道府県知事との協議が成立しても法第五条1項の許可を受ける必要がある。
4、農業者が、相続により取得した市街化調整区域内の農地を自己の住宅用地として転用する場合でも、法第四条1項の許可を受ける必要がある。

美里「これは簡単な問題だね」
建太郎「うん。俺でもすぐに答えが分かった」

“宅建士試験過去問 法令上の制限 農地法 2-40 平成25年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう” の続きを読む

宅建士試験過去問 法令上の制限 農地法 2-39 平成24年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

農地法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1、登記簿上の地目が山林になっている土地であって、現に耕作の目的に供されている場合には、法に規定する農地に該当する。
2、法第3条1項又は第5条1項の許可が必要な農地の売買について、これらの許可を受けずに売買契約を締結しても、その所有権は移転しない。
3、市街化区域内の農地について、あらかじめ農業委員会に届出て、所有者が自ら駐車場に転用する場合は、法4条1項の許可を受ける必要はない。
4、砂利採取法による認可を受けた砂利採取計画に従って、砂利を採取するために農地を一時的に貸し付ける場合には、法5条1項の許可を受ける必要はない。

美里「今日は農地法だよ。まずは、小手調べとでもいうべき出題だね」
建太郎「ああ。基本的な問題ばかりだよな」

“宅建士試験過去問 法令上の制限 農地法 2-39 平成24年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう” の続きを読む

宅建士試験過去問 法令上の制限 国土利用計画法 2-38 平成28年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

国土利用計画法第23条の事後届出に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1、市街化区域の土地(面積2500平方メートル)を購入する契約を締結した者は、その契約を締結した日から起算して3週間以内に事後届出を行わなければならない。
2、Aが所有する監視区域内の土地(面積10000平方メートル)をBが購入する契約を締結した場合、A及びBは事後届出を行わなければならない。
3、都市計画区域外に所在し、一団の土地である甲土地(面積6000平方メートル)と乙土地(面積5000平方メートル)を購入する契約を締結した者は、事後届出を行わなければならない。
4、市街化区域内の甲土地(面積3000平方メートル)を購入する契約を締結した者が、その契約締結の一か月後に甲土地と一団の土地である乙土地(面積4000平方メートル)を購入することとしている場合においては、甲土地の事後届出は、乙土地の契約締結後に乙土地の事後届出と併せて行うことができる。

建太郎「むむっ。ちょっと変わった分野からの出題になっているな」
美里「それでも条文を読んでいればわかることだよ」

“宅建士試験過去問 法令上の制限 国土利用計画法 2-38 平成28年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう” の続きを読む

宅建士試験過去問 法令上の制限 国土利用計画法 2-37 平成27年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

国土利用計画法第23条の事後届出に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1、都市計画区域外において、Aが所有する面積12000平方メートルの土地について、Aの死亡により、当該土地を相続したBは事後届出を行う必要はない。
2、市街化区域において、Aが所有する面積3000平方メートルの土地について、Bが購入した場合、A及びBは事後届け出を行わなければならない。
3、市街化調整区域に所在する農地法第3条1項の許可を受けた面積6000平方メートルの農地を購入したAは、事後届出を行わなければならない。
4、市街化区域に所在する一団の土地である甲土地(面積1500平方メートル)と乙土地(面積1500平方メートル)について、甲土地については、売買によって所有権を取得し、乙土地については、対価の授受を伴わず、賃借権の設定を受けたAは、事後届出を行わなければならない。

美里「これも簡単な問題だよ」
建太郎「んっ……。正しいのがいくつもあるように見えるけど……」
美里「ひっかけ問題も交じっているから、問題文をよく読んでよね」

“宅建士試験過去問 法令上の制限 国土利用計画法 2-37 平成27年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう” の続きを読む

宅建士試験過去問 法令上の制限 国土利用計画法 2-36 平成24年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

国土利用計画法23条の届出(事後届出)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1、土地売買等の契約による権利取得者が事後届出を行う場合において、当該土地に関する権利の移転の対価が、金銭以外のものであるときは、当該権利取得者は、当該対価を時価を基準として金銭に見積もった額に換算して、届出書に記載しなければならない。
2、市街化調整区域において、Aが所有する面積4000平方メートルの土地について、Bが一定の計画に従って、2000平方メートルずつに分割して順次購入した場合、Bは事後届出を行わなければならない。
3、C及びDが、E市が所有する都市計画区域外の24000平方メートルの土地について、共有持分50%ずつと定めて共同で購入した場合、C及びDは、それぞれ、事後届出を行わなければならない。
4、Fが市街化区域内に所有する2500平方メートルの土地について、Gが銀行から購入資金を借り入れることができることを停止条件とした売買契約をFとGとの間で締結した場合、Gが銀行から購入資金を借り入れることができることが確定した日から起算して、2週間以内に、Gは事後届出を行わなければならない。

美里「これも簡単な問題だね」
建太郎「むむっ……。ちょっとややこしくないか?」
美里「どれも基本的なことを聞いているだけだよ」

“宅建士試験過去問 法令上の制限 国土利用計画法 2-36 平成24年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう” の続きを読む